さよなら貧乏まつげ。ケアプロストの効果はやっぱりすごい!

ケアプロストのまつげ育毛の効果がすごいという事は利用者の声や、同じ成分の薬が医療現場で活躍していることからわかります。

「なぜ、ケアプロストの使用でまつげが伸びるのか」
このページでは、ケアプロストの「効果」に着目してみました。
育毛の効果を得る為のヒントは「毛周期」にあるようです。

日本人はもともとまつげが短い

欧米の人の目元といえば、ぱっちり二重の大きい目に長いまつげ、色のついた瞳など日本人のそれとは大きく異なっています。
異なっているのは瞳の色や目の大きさだけではありません。
まつげの量や長さも大きく違うのです。

欧米人と日本人のまつげの違い

長さ

日本人の上まつげの平均長さが約6.8mmに対して欧米人の上まつげは約8.1mm。
日本人のまつげはおおよそ1.3mmも短いということになります。

日本人の平均的なまつげの量は、上まつげ約100~120本なのにたいして欧米人は約120~140本あると言われています。
日本人のまつげは平均して20%も少ないようです。

角度

カールしている角度も違うので、ビューラーが必須の日本人に対して欧米の人はビューラー要らずで綺麗なまつげカールを維持できます。

成長スピード

さらにまつげの成長速度が2倍も違います。

ここまで違うとさすがに目元の印象が違うのは当たり前です。
しかしそれでもフサフサのまつげに憧れてしまいますよね。
日本人だからまつげが短い少ないと諦めてしまわずに、まつげ育毛で出来るだけ理想のまつげに近づけてみましょう。
ケアプロストを使用したまつげ育毛の効果は抜群です。

ケアプロストの本来の効果

ケアプロストは ラティース(ルミガン)のジェネリック医薬品です。
元々は緑内障や高眼圧症の治療薬として開発された点眼薬ですが、副作用としてまつげ育毛の効果が認められ育毛剤として人気がでました。

緑内障は目から入ってきた情報を脳へと伝達する「視神経」という器官に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。
視神経の障害は、目の中の水分(房水)が多くなってしまい眼圧が高くなることで起こる為、眼圧をコントロールするために開発された成分がビマトプロストです。
ビマトプロストは房水の排出を促すことで眼圧を下げ、緑内障を治療することが可能です。
なので、ケアプロストの本来の効果は育毛ではなく、眼圧を下げる事なのです。

ケアプロストの育毛効果

治療薬としての効果

ケアプロストの先進薬である ラティース(ルミガン)はFDA(米国食品医薬品局)、ケアプロストと同じ有効成分を使っているグラッシュビスタは厚生労働省が臨床試験を行いその効果を認めています。
初めは緑内障の治療薬として開発された成分ビマトプロストでしたが、その副作用として育毛効果があるとわかり、現在では睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者や、がん化学療法によってまつげが不足している患者に使われる処方薬として日本でも製造販売承認を受けており、医療現場で活躍しています。

育毛剤と美容液の違い

ケアプロストなどの医療用医薬品は医学的にその効果が認められています。
買える場所も限られており、薬機法が適応される国内の薬なら医師の処方せんが必要となります。
それに対して美容液は今あるまつげの美しさなどを保つための化粧品です。
医学的に認められたものではなく、ドラッグストアなどで誰でも手に入れる事が出来ます。

ビマトプロストの効果で伸びるまつげ

ケアプロストの有効成分であるビマトプロストはまつげの育毛を以下の効果により実現しています。

  • 毛包を刺激
  • 毛周期の成長期を延長
  • メラニン色素の生成を促進

毛包とは毛の根元、毛根を包む組織で毛が作り育てられていく過程で非常に大切な部分です。
その毛包を刺激し、毛の生成を促す事でまつげを長く、さらにまつげが成長する期間を延ばすことで太いまつげの育毛を可能にしています。
メラニン色素の生成も促してくれるので色のついたしっかりとしたまつげが生えてきますが、皮膚に付着するとメラニン色素の働きによって色素沈着を起こしていまうので注意が必要です。
太く・長く・濃くすることでボリュームをアップして理想のまつげに近づけてくれます。

効果が現れるのはいつ?

毛の成長にはあるパターンがあり、それを繰り返すことによって生え変わっています。
そのパターンを「毛周期」といい、まつげの毛周期は約1~4ヶ月と言われています。
毛周期には成長期、退行期、休止期があります。

  • 成長初期皮膚の中で成長がはじまる期間
  • 成長期(1~2ヶ月)毛がぐんぐんのびる期間
  • 退行期(15日)成長がとまり、毛が抜けやすい状態に
  • 休止期(2~3ヶ月)毛が抜けて、皮膚の中で次の毛が生える準備を行う
毛周期

ケアプロストはこの毛周期に働きかけて、成長期を延長する事でまつげ育毛が可能だと考えられています。
まつげの成長期は1~2ヶ月で、この間にケアプロストの効果が目に見える為まつげの成長を実感するには最低2ヶ月使用してみる事をおすすめします。

効果を得られる使い方

効果を得るには正しい使い方を実践する必要があります。
塗り方なども大切ですが、使用上の注意を知ってから使用する事が最も大切になります。
正しい用法用量を守って安全に育毛をして効果が得られる事が一番いいですよね。